臨床開発職

OBG日ア臨床開発部

2016年入社

黒井 萌花

上司・先輩から見た黒井さん

  • 先輩

    マンツーマン指導者

    田中 久華

  • 責任感の強い真面目な努力家

    入社当初は環境変化や、社会人としてのプレッシャーから、自信を持てずにいる節も垣間見えましたが、業務を通じて経験を積む中で、本来持ち合わせる真面目さや緻密さがキラリと光る存在に育ってきています。

    初めて医療機関を担当した頃は、医師や治験コーディネーターからの質問に、こちらにも伝わってくるほど緊張して懸命に対応していましたが、OJTを通じてスキルを磨き、今では落ち着いた対応を身に着け、安心して仕事を任せられています。仕事に対する責任感も強く、一度聞いたことはきちんと遂行できる管理力にも優れています。これから新しい後輩も増えていく中で、どのように黒井さんが活躍していくのか楽しみにしています。

  • マンツーマン指導者
  • 知識・技術習得の指導役として新卒新入社員に一名ずつ任命される。良き手本、相談相手として育成を担う。

あなたがやりがいを感じるときは

私の仕事は、抗がん剤のCRA(臨床開発モニター)として治験の正確なデータを収集することです。また、GCP(臨床試験の実施基準)や治療実施計画書などを順守した治験が実施されているかの確認も行います。CRAは新薬のデータだけでなく患者様の声をいち早く知ることができます。「がんが小さくなった!」と患者様の喜びの声を聞けることに大きなやりがいを感じます。そして、切に新薬開発が望まれていることも痛感します。医療従事者やCRC(治験コーディネーター)、患者様の声を糧に少しでも早く有用な新薬を届けられるよう、使命感を持ち日々の業務に取り組んでいます。

入社2年目には、新規抗がん剤の試験の立ち上げ業務も経験しました。決められた期限内でのタイムマネジメントが重要な業務でしたが、社内外と協力しながら無事に立ち上げたことで大きな成長を感じ、自信も得ました。今後はグローバル共同の試験を担当し、オペレーションリーダーとして臨床開発に携わり、世界の患者様のもとへ新薬を届けることが私の夢です。

PAGE TOP